ちょっくら非日常な旅してきた
ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
クリック頂けるとランキングが上昇することで僕の執筆意欲が上昇します



プロフィール

katatsumurakuda

Author:katatsumurakuda
すっかり海外旅ブログに.

当ブログの目次はこちら


一緒に旅してる雰囲気を写真・文章とか通して味わってもらえれば幸いです。
何かコメントご質問うんぬんあれば喜びます。

写真の無断転載はご遠慮ください!



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



来場者数かうんたー



検索フォーム



広告

旅休ドットコム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『しまなみ海道』をチャリで走破してみた。
たしか、あれは京都駅に朝5時半に集合。
行きはチャリのライト付けないと暗い、そんな朝だった。



僕らは
こうしてしまなみ海道へ向けて出発した。


輪行(ロードバイクといった自転車を専用の袋に包んで電車に載せること)して
電車に揺られること5時間かそこら

尾道ラーメンで有名な「尾道」に到着。ここがしまなみ海道のスタート地点である。

$2.5次元非日常空間-sima0


駅前のラーメンでエネルギーを充填。


そしてちょうど正午、100kmの旅路のスタートである。

今日の宿は
対岸の四国は松山道後温泉。
果たして無事到着することはできるのであろうか。




記念すべき一本目「新尾道大橋」
2.5次元非日常空間-sima1

この橋は他の橋と違って
車道と自転車道が共有でちょっと怖い。


通行料金10円、学生に優しいリーズナブルな価格設定。
2.5次元非日常空間-sima2
むしろ100円くらい払わせて欲しいくらいである




自転車でしまなみ海道を渡るとき
何がきついかって、橋との高度差がきつい。

つまり
自転車道は基本的に海岸線など高度の低いところにある一方
橋ってのは
写真でも分かるように
船が下を通れるように凄い高いところに架けられていて
その高度差の分、上り坂を登らないといけないわけです。

エレベーターといった文明の利器があるわけもなく
ずっとだらだら緩い上り坂を登らされるから、まあレンタルママチャリは地雷だと思う。



向島を走破して「因島大橋」
2.5次元非日常空間-sima3

車の走る道の下を渡る。
瀬戸大橋で言えば電車の走るところ、そこに自転車道・歩道がある。
2.5次元非日常空間-sima4


因島上陸。
この島はポルノグラフィティの出身地としても有名。

また水軍城が有名らしいが、山の上であるということから断念。時間もなかったし。


$2.5次元非日常空間-sima20




そして
因島も終わりに近づいた頃、友人にトラブル発生。


突然笑い始めたのである。


熱さで頭をやられてしまったのか!?

そう・・・この日は灼熱、とにかく暑い。


頭のネジが数本落ちても仕方ない、そんな天気。





そう思いながら
彼のチャリを見ると

パ☆ン☆ク

チャリ旅にパンクはつきもの
チャリダーたるものパンク修理くらいはできるように。

30分ほどでチューブ交換完了して、無事再出発。




どことなくポルノ臭を感じつつ因島を走破。
続いて「生口橋」
$2.5次元非日常空間-sima5
渡る。
$2.5次元非日常空間-sima6


生口島上陸。

この島で是非訪れて欲しいのが「瀬戸田ドルチェ本店」
ジェラートのお店。
$2.5次元非日常空間-sima7

テレビで紹介されたり
楽天市場で5年ほど、ジェラート部門1位だったとか、それなりに有名なところらしい。


オススメの「はかたのしお&はっさく」ジェラートを注文。
$2.5次元非日常空間-sima8
うまい。

特に「はかたのしお」がおいしい、塩と甘いのは合う。

そしてなんと
おいしいのはジェラートだけではない。

無料で飲めるレモン水がおいしいのなんの、何杯飲んだことやら。
このせいで怒涛の勢いでトイレが近くなった。


公式ホームページ
http://www.setoda-dolce.com/

大きな地図で見る




生口島を走破して「多々羅大橋」
2.5次元非日常空間-sima9
世界最大の斜張橋だとか。

ここで面白いのが多々羅鳴き龍
2.5次元非日常空間-sima10

看板の言うとおり、手を叩いてみると
橋の支柱で音が反射して、何重にもエコーに。
2.5次元非日常空間-sima11

「うおおおおおおおお」って叫んだ。



こういうのも
自転車で走破しているからこそ味わえる代物。



大三島上陸。
最短ルートを通ったせいか、何も味わえず



大三島を走破して「大三島橋」
2.5次元非日常空間-sima12
自転車道が広いのなんの。
2.5次元非日常空間-sima13

伯方島に上陸。
「は・か・た・の・し・お」で全国的に有名な、あの伯方島。


たしかここで僕のチャリの累積距離が1000km達成。

塩を生産してるとこ見れるかなって期待したものの、何も見れず残念。



続いて
「伯方・大島大橋」
$2.5次元非日常空間-sima14


大島に上陸。

この島のルートは
他の島と違って内陸ルートを通ったせいか
だらだらとした上り坂が続いて、地味につらかった覚えが・・・



そして夕刻も迫り、最後の橋「来島海峡大橋」

$2.5次元非日常空間-sima19

白い橋脚が夕焼けに映えますな。

実際は
来島海峡第1大橋・第2大橋・第3大橋の3つの総称で
総延長4kmにも渡りしまなみ海道を代表する橋である。



この橋の特徴は
自転車道の両端が写真のようにループ橋になっていること。
2.5次元非日常空間-sima16
ジェットコースターみたいで面白い。
2.5次元非日常空間-sima17

凄まじい風と戦いながら約4kmを走破。
2.5次元非日常空間-sima18

凄まじい長さのループ橋を下り、しまなみ海道を走破。

そして最寄の
波止浜駅に18時半、無事到着。
夕焼けも既に沈んだころ。



僕らはそのまま
再び輪行で松山駅まで列車に揺られ、道後温泉で1日の汗を流してとさ。


温泉の更衣室で服を脱ぐと
黒い服が汗でどことなく白くなっていた。





面白いところだなって思ってくださった方は
もし良ければこちら↓にクリックをお願いします(ランキングに参加しています)
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://katatsumurakuda.blog.fc2.com/tb.php/9-2342bdfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。