ちょっくら非日常な旅してきた
ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
クリック頂けるとランキングが上昇することで僕の執筆意欲が上昇します



プロフィール

katatsumurakuda

Author:katatsumurakuda
すっかり海外旅ブログに.

当ブログの目次はこちら


一緒に旅してる雰囲気を写真・文章とか通して味わってもらえれば幸いです。
何かコメントご質問うんぬんあれば喜びます。

写真の無断転載はご遠慮ください!



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



来場者数かうんたー



検索フォーム



広告

旅休ドットコム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【day6】レーティッシュ鉄道アルブラ線/ランドヴァッサー橋(スイス)【ヨーロッパ8カ国踏破】
【day6】Maienfeld(マイエンフェルト/スイス)→ RhB/Rhätische Bahn(レーティッシュ鉄道/スイス)→Zürich(チューリッヒ/スイス)


大きな地図で見る

前日は夜の9時台に藁ベッドに倒れてしまったからか、6時台に目覚める。
隣の牛小屋の牛たちはすでにお目覚めのようで、もーもー鳴いている。
藁ベッドのふかふかな余韻を楽しみつつ、駅へと歩く。

今日は長年の憧れだった世界鉄道遺産「レーティッシュ鉄道アルブラ線」に乗りに行く。

予定は押しているのだが
断崖絶壁を越える岩の鉄道橋「ランドヴァッサー橋(Landwasser Viaduct)」だけは見たい
昔からスイス行くならこの橋だけは見たい!!という強い憧れがあった。

さっそくレーティッシュ鉄道の起点であるChur(クール)駅へと向かう、急行列車に乗車。

RE(RegioExpress):Meinfeld7:21→Chur(クール)7:38 (以下スイスパス使用) 


あっというまにクール駅に到着
ホームにある黄色い時刻表を頼りにアルブラ線の列車を探す。St.moriz行を探せばOK

アルブラ線RE:Chur7:58→Filisur(フィリズール)9:01
eu6-1
コーヒーおいしいです(^ω^)

車窓が素晴らしい、クールより北はまだまだ都会だったらしい。
eu6-0
窓を開けて存分にスイスの夏空を愉しむ。

天気も最高、そして涼しい。
eu6-2



そして乗車1時間後、ちょうどFilisur駅到着5分前。
待ちに待ったシーンが目の前に・・・!

eu6-3
ランドヴァッサー橋!

進行方向(今回の場合サンモリッツ方面)を見て右側の座席or窓を確保しておくことがおすすめ。

橋を渡り終えるとすぐにトンネルに突入する、このトンネルを出ればそこはFilisur駅だ。

しかし圧巻であった、是非この橋を地上から見たい。
そう思いFilisur駅に下車すると、目の前にはフィリズール市街。
eu6-4
アルプスの山々に囲まれた美しい村、ちょうど村のてっぺんに駅がある。


ひとまず駅前にある看板の周辺地図を頼りに展望台を目指す。


大きな地図で見る
↑ランドヴァッサー橋(Landwasser Viaduct)の場所



そこから砂利道を歩くこと約15分、展望台に到着。そして待つこと20分・・・
eu6-5

ランドヴァッサー橋を渡るベルニナ急行、ちょうど橋が日陰なのが残念だが美しい。

今度はランドヴァッサー橋を下から是非見たい。
そう思い地図を頼りに下の展望台へと向かう。

手帳にメモった地図を頼りに、先ほど通過した脇道へと進んでいく。
線路を潜り、空を見上げると雲もほとんどない良い天気。



草原らしき道を進んでいく。順調だと。
しかし分岐してから5分後、順調ではなくなった。

なんと道がロープで封鎖されているのだ、おかしい。
あれ?っと思ってロープの先を眺めてみるものの、道は普通に続いている。
まあ工事中なら仕方ないねと思って、あきらめる。


とりあえず来た道を引き返して迂回路へと歩みをすすめることにした。
それは草原を突っ切るような道、素敵やん。

のんびり散歩気分で歩いていく。
この時は気づかなかったのだが、進めば進むほど道がじわじわ雑草に飲まれていった。


そして数分後気づいた時には、道が消えていた。
振り返っても、来た方向は分かるものの、はっきりとした道はない。


地図ではたしかに道があったのに・・・
そう唖然としていると、目の前に何やら大きなものが現れた。


eu6-6
野生のアルパカ!?いやラマ!?

このアルパカ?が
「この先に道はありません、もう戻りなさい」と言わんばかりの存在感を放っていた。


そのお告げを信じて、とぼとぼ駅へと戻る。次の街へと移動しよう。

今日の目的地はあのマッターホルンの麓の村「Zermatt(ツェルマット)」
ここから最短距離で行こうと思うと
地図上ではそこまで距離は無いのだが、峠を越えなければならず、意外に時間がかかる。


到着は何時になるのだろうか・・・


移動再開!
アルブラ線RE:Filisur→Chur
eu6-7
車窓からランドヴァッサー橋が過ぎ去っていく・・・また来たい。


ひとまずChur駅までもどってきた。
駅員のお姉さんにZermattへの行き方を尋ねると
最短距離の山越えルートと遠回りだけどチューリッヒ経由で行く2パターンがあるらしい。
時間帯によってどっちが早いかすぐには分からないらしいが
目の前にはチューリッヒ行のIC(特急)が今にも出発しようとしている。

これに乗るしかないと直感で思って、とっさにICに飛び乗った。


IC(InterCity):Chur12:09→Zürich13:23

前日も居たチューリッヒに帰還。
とりあえず腹が減った、乗換時間30分を使って昼飯をビシッとキープしたいところだ。
しかしお金にそこまで余裕はない。

eu5-3

そこで昨日もお世話になった、駅から数分のところにある万能スーパー「Coop」。
ここで昼飯のパンと水を確保しようと意気揚々とCoopへと歩みを進める。

店の前に到着、しかし人影も何もない。店の明かりも点いていない。
おや、自動ドアのところに張り紙が・・・



「日曜閉店」



次→[day6-7]Zermatt(ツェルマット/スイス)・Matterhorn(マッターホルン)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://katatsumurakuda.blog.fc2.com/tb.php/38-1343750a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。