ちょっくら非日常な旅してきた
ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
クリック頂けるとランキングが上昇することで僕の執筆意欲が上昇します



プロフィール

katatsumurakuda

Author:katatsumurakuda
すっかり海外旅ブログに.

当ブログの目次はこちら


一緒に旅してる雰囲気を写真・文章とか通して味わってもらえれば幸いです。
何かコメントご質問うんぬんあれば喜びます。

写真の無断転載はご遠慮ください!



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



来場者数かうんたー



検索フォーム



広告

旅休ドットコム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3日目】台北市内・行義路温泉【台湾・ベトナム1人旅】
3日目の朝だ、目覚ましバイブもかけずにゆとりの起床。

今日はどうしよう
前日までよく考えてなかった。
とりあえず台北に来ているのに郊外ばかり行くのもあれだし
市内の定番観光地を拝むことにしようってことにした。

同室のドミトリーに泊まっている人の半数はもう外出していた、がらんどう。
もう9時とかだった気がするから仕方ない。

ta63


とりあえず台湾の大統領にご挨拶しておこうと思って
台湾(中華民国)のホワイトハウスに当たる総督府へと向かう。台北駅前の宿から歩いて10分ほど。
ta42
入り口はちょうど北西角にある、地味に分かりにくかった。
荷物をセンサーに通してパスポートを提示する。さすがに厳重だ。

日本人観光客が多いためか
こういう観光地では少し日本語を話せる係員がいたりする。

「ニモツオロシテクダサイ!」「ソレモオロシテクダサイ!」

日本人が聞くとなぜか脅されてるor急かされているように聞こえるんだ。
おかげで「Please wait!!」を連呼した気がする。
やはり日本語って難しい言語なんだな・・・まあここまで平滑な音をした言葉もなかなか無い。


日本語ガイドが常駐しているらしい。
僕が来たときはタイミングが悪かったらしく、初めは解説途中のグループに合流させられる。

そしたら「コッチキテ!!」みたいなことを言われて入り口に逆戻り。
すると日本語を話せるというおばちゃんが登場。
この方の日本語が「アノナ!コノナ!○○ガナ!」って癖があって面白かった
必死に教えてくれてるのは伝わるのだが笑 まあ良い方だった。


次に歩いて中正紀念堂へと向かう、歩いて10分かそこら・・・


おっとその前に昼飯だ。
ta49
中正紀念堂のちょうど裏にある
杭州小籠湯包(ショウロンタンパオ)という店に入る。
安い上にうまいなんて・・・じゅるり。90元(約250円)だった。



この紀念堂の中には蒋介石さんがどーんといらっしゃる。
ta52
紀念堂の正面には
かつて1万4000人が同時に万歳してギネス記録を作ったという巨大な広場も、とにかくでかい。


蒋介石さんの像の前には衛兵が2人、常に監視をしている。
ta61
まったく動かない、人形みたいだ。実は人形だったりして・・・

そして毎時0分になると・・・
ta50
動き出した!!!
衛兵の交代式である。
あれだ、急に人形に魂が吹き込まれた感じ。チキン肌。

かっこいいなあ。
ta51
手癖の悪い僕には到底無理だろう。



さて僕はなんだかんだでまだ21歳だ、まだまだ若者のつもりでいる。
台北の若者の街「西門町」へとMRTで向かう。
ta53
ガンダムやか初音ミクやら
日本のそういう文化も侵食しているようだ。
ta54




てくてく歩いて迪化街(ディーファジェ)
ta44
漢方薬や乾物などいろいろなものが売っている店が立ち並ぶ。
かつては反日感情が強い街で入りにくかったらしいが、今は大丈夫。


この街の真ん中にある霞海城隍廟という神社。
ta45
日本の祈り方とはまた違う感じで文化の違いを感じる。

どうやらここで祈ると良縁に恵まれるらしい、多くの女性に紛れて僕も祈る。






日本人みんな大好き温泉。
台湾も日本統治時代に日本人が造った温泉が残って大切にされている。

台北地下鉄MRTで気軽に行ける新北投温泉ではなく
あえて行儀路温泉というマイナーな方に行ってみた。

たいていの人が行く所ではなく
あえて余り行く人がいない所の方がおもしろい。これは日本にも当てはまることだ。



MRT淡水線石牌駅から508路バスで行儀路三まで向かう。
出入口を出てすぐ右手に曲がり東へ進み、1つ信号を渡った先にバス停があり
東方向へと向かうバスに乗れば良い。(駅構内にバス停一覧の看板がある)

僕が来たときには10分弱間隔くらいで来てた。


ちなみに台湾のバスは手を上げて合図しないと止まってくれない。
これを忘れていて1本逃したり。
ta55

走ること20分弱、行儀路三で下車。
ちょくちょく湯気が出ている。野良犬がいっぱいいて恐ろしい。
ta56

そして入浴したのがここ。
ta57
スタッフの1人が日本語を軽く話せる人がいて「日本人は珍しい」らしい。
予想通りというか狙い通りというか。

しかしこの入り口に大型犬が座っていたせいで
入るのに苦戦してスタッフの方がいなければ入れなかったのは秘密である。やはり僕は猫派だ。


中の写真を撮るのはモラル的にあれだな、と思って写真はない。

しかし日本の温泉に似ている。
ただ大きく違ったのが
「みなさんタオルを温泉に持ち込まない」

日本人なら
前をちょっと隠したり体を洗ったりするためにタオルを持ち込むもの。
しかし台湾の方々はタオル無しで温泉内をぶらぶらし、体もタオル無しで手で洗う。

ここが大きく違った。


その風習的なものを知らなかった僕は若干てんぱった。
まずは「台湾人はタオル持って入らないのか!?」とタオルを思わずロッカーにしまおうと
コインロッカーを開けると

コインが返ってこない!俺の10元硬貨が!

大丈夫だまだ慌てるような時間じゃない。僕の手元にはまだ10元硬貨が一枚ある。

タオルを落ち着いて取り出す。
そして硬貨を入れて閉める。

あ・・・シャンプーとボディソープ忘れた。

肌が弱い僕はそういうのを日本から持ち込むのだが、完全にロッカーの中に忘れてしまった。



テンぱるのには理由があり
この俺VSロッカーの格闘の一部始終は温泉の露天風呂から丸見えだからだ。
日本にはなかなか無いが、脱衣所と風呂に隔たりも何も無い。ダイレクトで入浴できるシステム。

このため何人かにこのテンぱりぶりを見られていると思うと若干焦る。


大丈夫だまだ慌てるような時間じゃない。僕の手元にはまだ10元硬貨が一枚・・・も無い!



なんということだ、僕は既に全裸となり、今にも温泉に入らんとしているのに硬貨が無いなんて。
台湾の方々で硬貨を入れている人はあまりいなかったが
さすがにパスポートとかも入っている僕のカバンには安心のロックをかけておきたい。

全裸のまま受付のおばちゃん・お姉さんのもとに戻る訳にはいかない。
さすがに台湾でそんなことしたら2chとかで
「台湾で全裸になってつかまった日本人クソワロタwwww」みたいなスレがたつだろう。



大人しく服を着直して両替してもらう。
しかしこの一部始終を見ているお兄さんとかどう思っていたのだろう。
怪しさMAXだった気がする。
大人しくシャンプーなりを取り出し、10元硬貨を入れて鍵をかける。



ようやく入れる・・・ここまで10分はかかった。

台湾の大規模な入浴場では
数種類の温度設定で分かれた湯船があり、やはり若者には39℃あたりが人気だった。
おじいちゃんな方々はやはり安定の水風呂、ないしは42℃くらいの熱い湯に浸かっていた。
そういうところは日本人と同じようなもののようだ。

良い湯だった。日本と違って温度を選べるのは良いシステム!

野犬に吠えられながら、バスで駅に戻る。



晩飯は丸林魯肉飯(ルーローファン)という店で、MRT淡水線圓山駅が最寄。
地球の歩き方情報によると「台湾名物【魯肉飯】の名店」らしい。

この店は自助餐・自助式の店、つまりセルフサービス。
ta59
店員さんに欲しい物を指差しで取ってもらう、食べすぎてしまいそう。

そしてこれが魯肉飯、台湾版の肉そぼろ飯だ。
ta58
煮込んだ細切れ肉をご飯にかけた一品。
台湾で色々食べてきた中でこれが一番うまかった、おすすめ。

噂によると魯肉飯は店によって結構味が違うらしいから、いろんな店を巡るのもいいかも。





大満足の食事の後、宿に帰還。
ta47
同室に新しい宿泊客が来ていた
仕事でこちらに来たという日本人のおじちゃん、優しく気さくな方だった。
ta60


スウェーデン人のおじちゃん、今は北京に住んでいるらしい。
そのおかげで、英語だけでなく中国語も話せるらしい・・・すごい。


香港人のお兄ちゃんがいた、ずっとここに長居しているらしい。
彼はカメラが趣味でfacebookで公開している写真をたくさん見せてもらった。
なによりも構図がうまい。


宿からの夜景
ta62
クロスに輝く街並みを突っ切る多くの車の光、素敵だなあ。


明日はとうとうベトナムか・・・
フライトは朝8時30分くらいだから5時起きだ、果たしてバイブで起きれるのか。
まだ見ぬ国への期待と起きれるかどうかの不安な脳内だった。



【4日目】台北→ハノイ(ベトナム)

旅日記目次はこちら


いい旅だなとか思ってくださった方は
もし良ければこちら↓にクリックをお願いします。(ランキングに参加してます)
にほんブログ村 旅行ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://katatsumurakuda.blog.fc2.com/tb.php/25-c5ff3ac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【【3日目】台湾・ベトナム1人旅【台北市内】】

3日目の朝だ、目覚ましバイブもかけずにゆとりの起床。今日はどうしよう前日までよく考えてなかった。とのドミトリーに泊まっている人の半数はもう外出していた、がらんどう。もう9
[2012/04/21 12:05] まとめwoネタ速suru


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。