ちょっくら非日常な旅してきた
ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
クリック頂けるとランキングが上昇することで僕の執筆意欲が上昇します



プロフィール

katatsumurakuda

Author:katatsumurakuda
すっかり海外旅ブログに.

当ブログの目次はこちら


一緒に旅してる雰囲気を写真・文章とか通して味わってもらえれば幸いです。
何かコメントご質問うんぬんあれば喜びます。

写真の無断転載はご遠慮ください!



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



来場者数かうんたー



検索フォーム



広告

旅休ドットコム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝上浸水なう『千仏鍾乳洞(平尾台)』
日本三大カルスト地形の1つ「平尾台」
その平尾台の真ん中にある千仏鍾乳洞、ここに行ってみた。

なぜここを選んだかというと
ここは水の中を歩く鍾乳洞だという。おもしろそうだ。


駐車場からだらだら歩くこと10分弱
sen3
入口に到着。
これが案内図
sen7
鍾乳洞の中間地点付近にある矢印が「ここから水の中に入ります」表示である。
だいたい入り口から10分くらいの所かららしい。


しかしどのくらいの深さなのだろうか・・・受付の人に聞いてみる。

受付の人「まあ雨で増水してるから・・・」

そう、この日の前日は雨だった。増水しているのも仕方ない。

受付の人「膝上くらいですかね。」


そんなおそろしや
膝下ならまだしも膝上・・・わくわくしてきた。



しかし入り口まで来たからには行くしかない。お金を払う。

どうやら草履を貸してくれるらしい。
まあ浸水した岩肌の上を歩くから裸足でいく訳にもいかない。



草履といえば日本の伝統的履物
sen14
↑イメージ図

そんな草履を貸してもらえるなんて素敵じゃないか・・・いざ借りる。

どうみても
sen2
スリッパですね。

それも老舗旅館のトイレに置いてありそうなタイプのスリッパじゃないか。

こんなやんちゃなスタイルで鍾乳洞なんか入って良いのか、思わずそんな疑問が。

これから入る鍾乳洞から流れ出ている滝。
sen1
なんという激流、こんなにまで激しいのに入れるのか・・・という疑問がふつふつ。


そしていざ行かん。

そして即、浸水。
sen4
聞いてない。
歩いて10分してから水に浸かるって言ってたじゃないっすか!
なんで入って1分で浸水してるんっすか!

雨で増水しており
脇に彫ってある溝から大量流出、冷たくて足が痛い。


歩くこと10分。
とうとう浸水。
sen5
膝下まできている、冷たい。
もう笑うしかない。
冷たすぎる。時折出現する休憩所で足を休める。

sen6
そして膝上にもとうとう水が、膝上ジャストくらいだろうか。
お、俺のズボンが・・・!


それにしても激流。
横の岩に手を置きながら前進しないと厳しい。
sen8
こうやってカメラで写真を撮るのも命がけである。(カメラの命的な意味で)
sen13
LEDライトおしゃれだなー(棒読み)

時には上から激しく水が!
まさか鍾乳洞内で傘をさす日が来るとは・・・


sen11

途中でスリッパが流されたり色々したけど
なんとか生還。足にもはや感覚がない。

しかしなぜか達成感がない
冷たさに耐えることと
スリッパが流されないように足の指を踏ん張ることで必死だったせいかもしれない。

まあでもたのしかった、終始笑うしかなかった。




そして友人は最後に言った

「ブログのネタが増えて良かったな(笑)」と。



大きな地図で見る

公式ホームページ


当ブログの目次はこちら


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。